印刷学生等新型コロナウイルス感染症検査費用助成事業

県外に居住されている学生の皆さんへ

安心して帰省していただけるよう、新型コロナウイルス感染症の検査費用の一部を助成します。               


1. 助成金の対象となる方(次の①~③のすべてに当てはまる方)   

①  山梨県外に住んでいる学生(小学校、中学校、高等学校、大学、大学院、短期大学、専門学校等)

②  令和2年12月1日(火)から令和3年1月17日(日)の間に身延町内に住んでいる親族のもとに帰省する方

③  帰省する前に、自費診療で新型コロナウイルスの感染確認検査・PCR検査または抗原定量検査を県外の医療機関で受けた方 

抗体検査、簡易キットによる検査は、助成対象とはなりませんのでご注意ください。
検査は、帰省日の7日前の日から帰省日までの間に、県外の医療機関で受けてください。県内の医療機関での検査は、助成対象外となります。
※必ず検査結果が出てから帰省してください。結果が判明する前に帰省した場合は、助成対象になりませんのでご注意ください。


2. 助成金額
PⅭR検査または抗原定量検査費用の2/3を助成します。
但し、上限額は20,000円とします。
助成の回数は、1人につき1回です。
※助成金は、千円未満の端数が生じた場合は、切り捨てとなります。

 
3. 申請について

同封の「身延町学生等新型コロナウイルス感染症検査費用助成事業申請書兼請求書」ダウンロードはこちらからPDFファイル(70KB)に記入し申請してください。
※振込先を誤って記載すると手続きに時間を要しますので、正しく記入をお願いします。


4. 添付書類について
①  検査を受けた医療機関の領収書原本
検査をされた医療機関または検査機関で発行される領収書の原本を申請書に添付してください。
※コピー不可

②  学生証の写し(義務教育における学生は除く)
学生であることを確認するために必要です。
学生本人の氏名、学校名を確認できる部分の写し(コピー)を提出してください。

③  健康保険被保険者証の写し

④  振込口座のわかる書類の写し(預金口座の写しなど)
金融機関名・支店名・口座番号・口座名義人の氏名がわかる書類の写し(コピー)を提出してください。


5. 提出先
 中富すこやかセンタ-に提出してください(郵送不可)


6. 提出期限
 令和3年1月29日(金)厳守
※土・日曜日及び年末年始(12月29日~1月3日)は、受付ができませんのでご了承ください。



7. その他
①  緊急事態宣言が発令される場合、県域をまたいだ移動の自粛要請などが行われる場合は、これに従い行動してください。

②  安心して帰省するため、必ず検査結果が出てから帰省してください。

③  検査結果が「陽性」だった場合
帰省することを前提に検査を受け、検査結果が陽性により帰省できなかった場合においても検査費用を助成します。尚、陽性の場合は、居住地の保健所の指導に従ってください。

 不明な点がありましたら、下記までお問い合わせください。

お問い合わせ

担当:福祉保健課
TEL:0556-20-4611(直通)