印刷2022.7.14  おしえて☆みやもん先生! 第14回 化学実験教室

2022年の化学実験教室は7月24日(日)☆

 約150年前、ロシアの化学者メンデレーエフが元素の周期律を発見しました。「化学」は難しそうに感じるかもしれませんが、実はとても身近な学問。何気ない私たちの日常生活は化学をたくさん利用して成り立っています。

 湯之奥金山博物館では、家族皆やお友datiと楽しむことの出来るプログラムを企画・発信しています。勉強も遊びも、どんな分野でも、一番必要なのは「やる気」。そして「興味」と「好奇心」。毎年大好評の「化学実験教室」はそのような経緯で開催しています。

実験内容は次のとおりです。

 

期  日 :2022年7月24日(日) ※(各実験1時間)

【1時限目】9:30~10:30「光の不思議」

実験①「コップの中をカラフルにしよう!」 偏光シートの実験

実験②「光を分けよう!」 分光シート(LED,金箔の実験は演示で)

 

【2時限目】11:00~12:00「水と力,空気の力」

実験①「真空保存容器を使った実験」(演示実験)

実験②「吹き玉で遊ぼう!」

実験③「浮沈子を作ろう!」

 

【3時限目】13:30~14:30 「キッチンで科学実験」

実験①「洗剤の不思議 1円玉を浮かべる」

実験②「洗剤の不思議 浸透作用,乳化作用 ローリングアップ」

 

【共 催】  公益社団法人日本化学会

【講 師】  宮本一弘 先生(開成中学校・高等学校・理化学部顧問、 NHK高校講座講師<化学基礎>)

【対 象】  小・中学生

【定 員】  各時限とも15人まで ※要事前申込・重複参加可能

【参加費】  各時限200円(実験材料費として)

【場 所】  甲斐黄金村・湯之奥金山博物館 多目的ホール

※今年も引き続き以下の事にご協力ください

・参加者全員のマスク着用

・会場内に入る保護者はおひとりまで

 

 より多くのこども達が体験的な実験を通して、化学を学ぶ楽しさ、驚きや魅力を感じる絶好の機会。未来の化学者を目指して、家にあるもので知ることができる身近な化学を体験することで、学問への興味を持つことが出来ます。2022年で14回目を迎えます。講師を務めてくださるのは、東西中高砂金掘り大会でも、東京開成中高を率い、NHK高校講座 講師(化学基礎)でも出演中の「みやもん先生」こと、宮本一弘先生。毎年、面白プログラムを3本用意して、みんなを化学の世界へいざないます。

 どれか1つだけ参加する、2つ参加する、全部参加したい、などなど、自分の興味にあわせてお申込みいただけます。ただ、1時限目を受けたら、残りの授業もきっと受けたくなりますよ。ご希望の方は、メール、お電話にて当館までご連絡ください。

 大人もびっくりするような化学の世界を、みやもん先生の指導のもと親子で楽しんでください。まずは身近なところから化学&科学に楽しもう!


 



こちらのホームページも是非、参考にご覧になってください。 
国際化学オリンピック このリンクは別ウィンドウで開きます  日本化学会このリンクは別ウィンドウで開きます

← 前のページに戻る