身延町

背景色
文字サイズ

印刷加賀百萬石芸術の古都金沢が育む 日本画秀作展

2017年4月28日より、金沢在住の作家11名による日本画の作品を展示いたします。

日本画とは、日本の伝統絵画の総称です。かつては単純に、日本で元々描かれていた絵画を西洋絵画と区別するために用いられていましたが、明治期に流入した西洋絵画の影響を受け、時代を吸収しながら発展してきた現代の日本画は、決してその枠に収まるものではありません。絵画における技法や題材、美的感覚は時代とともに変化するものです。伝統の枠にはまらない自由な表現や、日本的な題材にとらわれることなく、現代的な美意識や価値観を反映した作品群は、日本画の現代的在り方を人々に問いかけます。

本展覧会では、金沢を通して日本画の「現在」を概観します。日本画ならではの良さを生かした現代の日本画、その潮流をご堪能いただきますとともに、本展覧会が皆様にとり、日本画と親しむ好機となりましたなら幸いに存じます。

 

【会  期】 2017年4月28日(金) ~ 2017年7月2日(日)

【開館時間】 午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

【観 覧  料】  大人 500円(450円) 大・高校生 300円(270円) 小・中学生 100円(90円)

          ※(  )は20名以上の団体料金

【休 館  日】 毎週火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日)

裏面

ページの先頭へ