身延町

背景色
文字サイズ

印刷【県指定文化財】旧市川家住宅2棟付棟札2枚ほか4件

kyuuitikawake.JPG

指定日:平成8年11月7日
所在地:和田2857
所有者:身延町・個人
時 代:江戸後期 享和三年(1803)
大きさ:桁行11間(21m)、梁間5間(9.1m)
備 考:『山梨県の民家』

概説

 富士川の東岸に所在するかぶと造りの茅葺きの大型民家で、市川家は代々大庄屋・交替名主をつとめた家柄である。背後に山をひかえて西側を向いて建っており、北側には土蔵がある。棟札から享和3年(1803年)の建築であることがわかり、山梨県内の民家の歴史、建築では貴重な建物である。6面間取りの床部と4割におよぶ広い土間が特徴となる。

お問い合わせ

担当:生涯学習課
TEL:0556-20-3017(直通)

ページの先頭へ