印刷お医者さんにかかるとき

お医者さんにかかるとき

医療機関の窓口で保険証などを提示すれば、かかった医療費のうち下記の自己負担割合で、次のような医療が受けられます。

・診察
・治療(処置・手術など)
・薬や注射などの処置
・入院および看護(入院時の食事代は別途負担となります)
・在宅療養(かかりつけ医の訪問診療)および看護
・訪問看護(医師が必要と認めた場合)
 

■医療費の自己負担割合

義務教育就学前 2割
義務教育就学~70歳未満 3割
70歳以上~75歳未満 2割
70歳以上~75歳未満
※現役並み所得者
3割
 
 

国保の保険証

保険証は1人に1枚ずつ交付され、医療を受けるときに必ず必要です。
大切に取扱いましょう。
 

高齢受給者証

70歳~74歳の人へ
70歳の誕生日の翌月(1日が誕生日の人はその月)から75歳になるまでの間、高齢受給者証が交付されます。
受診の際には、保険証と一緒に医療機関の窓口へ提示してください。

お問い合わせ