印刷第21回 砂金甲子園!東西中高交流砂金掘り大会

開催日:
2024年7月28日(日)

☆第21回 砂金甲子園!東西中高交流砂金掘り大会 参加受付終了!

 

神戸女学院、灘、逗子開成、市川学園、開成、山梨学院、桐朋、麻布、大妻女子、早稲田大学高等学院、

海城学園

 

砂金掘り大会だけじゃない。今年も中高生のアツい夏がやってきます!

 

【日 時】2024年7月28日(日) 8:30~13:00(受付8:30~)※小雨決行

【場 所】湯之奥金山博物館専用駐車場

【種 目】団体戦

     個人戦/5人(先鋒・次鋒・中堅・副将・大将)

※基本ルールは変わりませんが、現時点では砂の重量、競技タイムが変動します。6月末頃確定します

【参加資格】・学校単位で参加すること

      ・学校名を出して参加できること

      ・競技者が最小6人、最大20人までであること

      ・参加メンバー全員が博物館公式YouTubeの「砂金甲子園解説動画(2022年度版)」を見て、基本的なルールを理解していること

【参加料】1校5,000円 ※選手の熱中症対策、安全対策に充てさせていただきます

【参加校定員】12校

【定員に達したため申込受付終了】

【申込方法】メール(すべてのお問い合わせは博物館HPトップページ最下段のお問合せフォームからお願いします。

・お問合わせフォームの「お問合わせ内容」の最初に「砂金甲子園2024 申込」と記載する

・学校名、参加人数、交通手段、到着日時、開催日まで連絡が取れる代表者及び連絡先 を明記する

 

 


 

第20回砂金甲子園!東西中高交流砂金掘り大会 2023年 大会結果

優勝:灘

準優勝:神戸女学院

第3位:逗子開成

 

【参加校】

〇灘中学校・高等学校(兵庫県)         〇開成中学校・高等学校(東京都)

〇麻布学園中学校・高等学校(東京都)      〇桐朋学園中学校・高等学校(東京都)

〇大妻中学高等学校(東京都)          〇山梨学院中学校・高等学校(山梨県)

〇明治大学付属中野中学校・高等学校(東京都)  〇逗子開成中学校・高等学校(神奈川県)

〇市川学園中学校・高等学校(千葉県)      〇西大和学園高等学校(奈良県)

〇神戸女学院中学・高等学部(兵庫県)

 

 

 


 

【砂金甲子園当日タイムスケジュール 一例】

  9:00 ~   9:15   開会式

  9:15 ~   9:30   競技説明&中高生のためのパンニング基礎講座

  9:30 ~ 10:30   団体戦

10:30 ~ 11:20   個人戦(5試合 ※先鋒➡次鋒➡中堅➡副将➡大将)

11:20 ~ 11:40   集計

11:40 ~ 12:00   表彰・閉会式

12:00 ~ 13:00   記念撮影・交流タイム

13:00         すべてのプログラム終了・解散

 

団体戦

 ※画像はイメージです。バケツの個数、砂量は年によって変わります

団体戦は、砂が入ったバケツ数十個(15~20バケツ 年によって変わる)を選手交代しながらパンニングするリレー形式の試合です。砂金の総数はチームで50個。各バケツにはあらかじめ50個の砂金が振り分けてあります。砂金が1個のバケツがあれば、砂金が4個のバケツもある・・・(※0のバケツはありません)チーム力が問われる試合です。

 基本的に中高合同で参加するこの砂金甲子園。初参加の中学一年生にとってはなかなか厳しい戦いです。しかしパンニング初体験でも、砂金掘り大会、そして砂金甲子園の雰囲気を楽しみ、競技の状況を把握し、自分が自身の学校の戦力の一部であり、チーム全員で競い合っていることを実感するのにぴったりなのが、この団体戦です。

 チームメンバーが規定人数に満たない場合は、参加生徒全員による順番を繰り返して、すべてのバケツが終わるまでパンニングします。この時、パンニングテクニックの高い選手だけが競技する戦略は認めません。

※フネは団体戦、個人戦ともに各校1槽で競技します

制限時間30分。本部の合図で、各校一斉に一人目がパンニングをスタートします。次選手は待機線で待ち、前の選手がパンニングし終えてから競技エリアに入り、パンニングします。以降、順次同様に競技し、全バケツをパンニングし終えたら、終了です。アンカーは、タイマーのストップボタンを押し忘れないように。タイムストップをもって競技終了となります。(※タイムを止めるまでが競技です。押し忘れによる時間調整はしません。)

 

個人戦

※画像はイメージです。使用パンニング皿、砂量、競技時間は年によって変わります

個人戦は、先鋒~大将まで各校選ばれた5人が、それぞれ異なるお皿を使って競います。

参考までに2021年のお皿は上記の通り。また砂の量はミニ大会だったので6kgでした。なお、個人戦では直前までどのパンニング皿を使うのかわかりません。

<先鋒>※以下の写真は2021年ミニ大会の時のもの

<次鋒>

<中堅>

<大将>

 

総合成績は、団体戦と個人戦、それぞれの得点を合わせて順位が決定します。

← 前のページに戻る