印刷日程・概要

※こども金山探険隊2018年参加者枠 定員に達しました。

 湯之奥金山博物館では、夏ならでは、そして家族皆やお友達と楽しむことの出来るプログラムを企画・発信しています。 「こども金山探険隊」や「砂金掘り大会」、そして「東西中高交流砂金掘り大会」など。これら夏休み恒例となったプログラムは回数重ねて少しずつマイナーチェンジ。ご参加いただいた皆様からも大変好評をいただいております。
 でも、一体どんなことをするのか、自分でも参加できるだろうか? 誰でも簡単です。一番必要なのは「やる気」。そして「興味」と「好奇心」。

 夏休み自由研究を毎年探すのに苦労されている親御さん方。朗報です。湯之奥金山博物館の夏休み4大イベントはいずれも!親子自由研究の題材としても大活用できますよ。こども金山探険隊は、最後に提出すべき成果品まで出来上がりますよ。

甲斐黄金村・湯之奥金山博物館 夏休みプログラム「第18回こども金山探険隊」

探険探険粉成

主旨・目的:

「こども金山探険隊~戦国時代へタイムスリップ~」は、鉱山作業に主眼を置き、かつて戦国時代に湯之奥金山で行われていた鉱山作業の歴史事実に基づき、現地遺跡の見学から始まり、鉱石の採集、そして粉成作業、比重選鉱、灰吹という、館展示室で紹介している戦国時代の鉱山での作業を、自分で、「見て」「触れて」「体験する」という一連の作業を通して、鉱山作業を理解してもらうことに目的をおいた企画であり、夏休み恒例事業として2018年で18回目を迎えます。


当時の先端技術者であった「金山衆」という技術集団の産金技術や生き方に触れ、学ぶことも事業の一つとするものであり、この経験を通して、子供たちの自然や科学に対する知識の高揚に役立てることを目的とします。

【事業概要】

 湯之奥金山(中山・内山・茅小屋)の1つである中山金山(国指定史跡)。実際に金山の現地に入り、自然の中に眠る16世紀金山の全体像に触れ、金鉱石を採掘した露天掘り跡、坑道掘り跡を知る。また金鉱脈、鉱石の在り方や、金鉱石に直接触れる。 採掘した金鉱石を焼き、粉砕(粉成)する。粉砕した鉱石を挽き臼にかけ、磨り潰し鉱石を微粉化する。磨り潰した鉱石を「ゆり板」(パンニング皿)で比重選鉱し採金する。金に混入している不純物を取り除くため、「灰吹法」で純金に仕上げる。  挽き臼も「湯之奥型」「定形型(黒川型)」「リンズ型」と臼の性能の違いにも触れられるような工夫をしています。

国指定史跡湯之奥「中山金山(または茅小屋金山)」を現地見学後、博物館で鉱石を石臼で砕く粉成・ゆり分け作業をし、灰吹き作業を実験後、約1gの甲州金(粒金)を作り、刻印を打ち、自分だけの“甲州金”を作成。出来上がった甲州金は持ち帰ることが出来ます。2日間のプログラムで詳細日程は次のとおりです。

夏休みの自由研究や、親子のひと夏の思い出づくりに最適。日常では体験できないことばかり。テレビ番組『鉄腕DASH』や『すイエんサー』で撮影依頼があったのも、元ネタはこの「こども金山探険隊」です。テレビを見て「あれやりたい!」と思った方、このイベントですよ。

【期日】

平成30年8月11日(祝・土)~8月12日(日)※雨天決行、ただし見学会中止(雨天プログラムに変更)

【定員】

15人(要事前申込。先着順。保護者の人数は定員に含まれません。)

【対象】

小・中学生 ※保護者同伴でお願いいたします。

【集合】

甲斐黄金村・湯之奥金山博物館

【参加費】

参加費:5,000円(甲州金地金材料費として)  ※参加費はあくまで材料費なので保護者・付き添い等からは徴収しません。

【日程】

※日程・内容詳細については例年の時間ですので、参考としてご覧ください。見学地は中山金山か茅小屋金山ですが、今年は茅小屋金山です。


 

1日目 【茅小屋金山遺跡現地見学・粉成・汰り分け】
8時00分         金山博物館集合 受付
8時30分         金山博物館出発(公用車・ワゴン車にて登山口へ)
9時00分         茅小屋金山登山道着
9時10分~        オリエンテーション・準備運動(登山口~60分中心テラス~20分宮屋敷)
(9時10分~10時30分)
10時30分~11時30分  現地説明・見学・
12時00分~         休憩・昼食
12時30分~        下山
13時30分~        博物館着・休憩        
14時00分~16時30分  粉成・汰り分け作業 
休憩
17時30分~19時15分  BBQ懇親会
19時30分         解散・各自宿泊先へ
※雨天の場合、現地見学会が中止となるため、博物館を見学後、雨天プログラムに変更となります。
 

【※中山金山遺跡現地見学の場合※】
8時00分         金山博物館集合 受付
8時30分         金山博物館出発(ふるさと号・公用車にて登山口へ)
9時00分         中山金山登山道着
9時10分~30分     オリエンテーション・準備運動(登山口~70分~精錬場テラス~20分~地蔵峠)
(9時30分~11時30分)
11時30分~12時      地蔵峠で休憩・昼食
12時00分~12時30分  地蔵峠から露天掘り跡・坑道跡へ
12時30分~        現地説明・見学
13時30分~        下山
15時00分         博物館着・休憩
15時10分~17時00分  粉成・汰り分け作業
休憩
18時00分~19時30分  BBQ懇親会
19時40分         解散・各自宿泊先へ
※雨天の場合、現地見学会が中止となるため、博物館を見学後、雨天プログラムに変更となります。


2日目【:灰吹、甲州金作り】
9時00分        金山博物館集合
9時00分~11時30分 作業工程説明・甲州作り・灰吹き・色揚げ・刻印打ち
金メッキ工作(銅板を金色に輝かせよう!)
12時~12時30分 修了式(修了証・参加賞授与、記念写真撮影・アンケート記入)
解 散、事業終了後は身延町の観光スポットと、館内での砂金採り体験を楽しんでいってください。

【申し込み・参加決定までの流れ】

①博物館まで、電話、メール、FAXにて事前申し込みください。この時点では参加確定ではありません。(~5月上旬まで受付期間。ただし定員になり次第締め切り。以降はキャンセル待ちとなります。)

②4月中旬以降の時点でお申し込みいただいている方へ、実施要項と予約内容確認書を送らせていただきます。

③正式参加のご回答と合わせて、予約内容情報の訂正事項・追加事項のご連絡をお願い申し上げます。もし、諸事情からご参加いただけない理由が発生した場合は、キャンセル待ちのお客様にお譲りさせていただきますので、参加・不参加いずれの場合でも必ず、指定期限内に金山博物館までご連絡ください。

※期限までに何らご連絡ない方は、登録情報を削除させていただき、速やかにキャンセル待ちの方にお譲りさせていただきますので、その場合は再登録は出来かねますので予めご承知おき願います。

④7月上旬、③でのご回答をいただき参加決定を受け付けさせていただいたご家族様へ、こども金山探険隊参加要項及び関連資料(最終送付)をお送りさせていただきます。

⑤探険隊は雨天決行です。(ただし想像以上の”超悪天候”の場合は中止)当日は、忘れ物などないよう、元気に、そしてお時間に余裕をもって博物館までお越しください。

※なお、現地見学の際は、参加要項に解説・記載されている”登山に相応しい服装”でないと事務局で判断した場合は、当日であっても遺跡現地へお連れすることをお断りさせていただきますので、十分にご注意ください。

← 前のページに戻る