印刷命を守る防災のポイント

地震前に

■防災訓練への参加
消火器の使い方や避難のしかたなどは、経験してみなければなかなか理解するのは難しいものです。友人を誘ったり、家族で参加するなど、自信を深めるため、防災訓練に参加しましょう。

■非常持出品の準備
食料品や電池など期限のあるものは、「防災の日」などに点検し、交換しておきましょう。また、非常持出袋は、目立ちやすく持ち出しやすい場所に置きましょう。

■家族会議で話し合い
「責任分担」「避難場所」「緊急時の連絡方法と連絡先」「非常持出袋の置き場所」などについて、ふだんから家族で話し合っておきましょう。

■備えておきたい最小限の持出品

・水(1日分1人3リットルを目安に)
・非常食品(乾パンなど)(定期的に入れ替える)
・通帳など(免許証・健康保険証のコピーも)
・現金(空のフィルムケースが役立ちます)
・携帯ラジオ・懐中電灯(予備の電池も)
・生活用品(断水時にはウエットティッシュが重宝)
・衣類(紙製品の下着なども便利)
・救急用品(常備薬も忘れずに)

 
 
 

地震直後は

■身の安全の確保
・丈夫な机やテーブルなどの下に身を伏せる
・座布団などで頭を保護
・あわてて外に飛び出さない
・玄関などの扉を開けて、避難口を確保

■落ち着いて火の始末
・小さい揺れでもすぐ消火
・揺れが大きい時は、揺れがおさまってから消火
・出火したら、消火器や三角消火バケツなどで、小さいうちに消し止める

■避難は徒歩で、持ち物は最低限に
・緊急車や避難する人のじゃまになるので、車は使わず徒歩で避難する
・服装は動きやすいもので、靴は底の厚いものを
・荷物は少なく、リュックサックなどで両手が使えるように
・ガスの元栓を締め、電気のブレーカーを切る

■壁ぎわ、がけや川べりに近寄らない
・狭い路地や塀ぎわは、かわらの落下やブロック塀、コンクリート塀が倒れてくる危険があります
・がけや川べりでは、地盤が緩んで崩れやすくなっている場合があります

■正しい情報の入手
・デマに惑わされない(ラジオ・テレビ・消防署・町などから情報を入手)
・不要・不急な電話はかけない(消防署などへの災害状況の問い合わせは消防活動に支障をきたす)

■協力し合って応急救護
・けがをした人がいたら、協力し合って応急手当を
・けがの程度が重いときには、早急に病院へ

※消防署では、随時、救命講習(心肺蘇生法など)を行っています。
 正しい知識と技術を身に付けるためにも、是非参加しましょう。

■地震直後の火災、家屋倒壊や救出活動に備えて用意しておきたいもの
消火器、三角消火バケツ、防火用水、ジャッキ、ロープ、バール、のこぎり、ペンチ、おの、ハンマー、ビニールシート、スコップなど

 
 
 

お問い合わせ