印刷身延町橋梁個別施設計画

身延町橋梁個別施設計画の策定

○背景
・身延町では現在431橋の橋梁を管理しており、木橋やプレキャストボックスカルバート等を除いた360橋を橋梁個別施設計画の対象としています。
・このうち、一般的な橋梁耐用年数とされる50年以上供用されている橋梁は現在59橋(34%)ですが、5年後の2025年には89橋(52%)に増加し、急速に橋梁の高齢化が進み更新時期を迎えることが推定されます。
・また、厳しい財政状況が続く中で、対症療法的な維持管理では、今後急増する高齢化橋に対する更新費用を確保することは極めて困難な状況です。

○目的
・このような背景の中、平成25年に主に橋長10m以上を対象とした約130橋に対して橋梁長寿命化修繕計画を策定したところでありますが、橋長の短い橋梁に対しても、対症療法型の管理から、損傷が軽微な段階で予防的な対策を実施する管理方法へ転換することにより、さらなる安全な道路交通の確保と、将来的な橋梁管理費用の低減を目指すことを目的とし、計画を策定することとしました。

身延町橋梁個別施設計画PDFファイル(720KB)

お問い合わせ

担当:建設課
TEL:0556-42-4808(直通)