印刷身延町橋梁点検結果

 身延町では橋梁の定期点検として、「橋梁定期点検要領 平成26年6月 国土交通省道路局 国道・防災課」に準拠し近接目視を基本とした点検を行い、橋梁毎の傷み具合を以下の表-1及び表-2に示す区分に分類しました。

表-1 対策区分の判定区分
判定区分 判定内容
A0 点検の結果から損傷は認められない。
A 損傷が軽微で補修を行う必要がない。
B 状況に応じて補修を行う必要がある。
C1 予防保全の観点から、速やかに補修等を行う必要がある。
C2 橋梁構造の安全性の観点から、速やかに補修等を行う必要がある。
E1 橋梁構造の安全性の観点から、緊急対応の必要がある。
E2 その他、緊急対応の必要がある。
M 維持工事で対応する必要がある。
S 詳細調査の必要がある。

 

表-2  健全性診断の判定区分
区分 定義 判定内容
健全 道路橋の機能に支障が生じていない状態。
予防保全段階 道路橋の機能に支障が生じていないが、予防保全の観点から措置を講ずることが望ましい状態。
早期措置段階 道路橋の機能に支障が生じる可能性があり、早期に措置を講ずべき状態。
緊急措置段階 道路橋の機能に支障が生じている、または生ずる可能性が著しく高く、緊急に措置を講ずべき状態。

「健全性の診断」と「対策区分の判定」は、それぞれの定義に基づいて判定を行いますが、一般には次のような対応となります。
 「Ⅰ」 : A、B
 「Ⅱ」 : C1、M
 「Ⅲ」 : C2
 「Ⅳ」 : E1、E2


関連ファイル
 ■ 平成27年度橋梁点検結果PDFファイル(83KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 ■ 平成28年度橋梁点検結果PDFファイル(127KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 ■ 平成29年度橋梁点検結果PDFファイル(259KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

お問い合わせ

担当:建設課
TEL:0556-42-4808(直通)