印刷新型コロナウィルスに対応した 砂金採り体験 のご案内

博物館再開にあたって、当面の間、砂金採り体験室は次のようなご案内をさせていただきます。

ご案内方法は今後の状況により柔軟に対応して参りますが、変更し次第当ページにてお知らせいたします。

 

・総合受付については、皆さま共通です。こちらのページの冒頭「ご来館にあたっての諸注意」をご覧ください。

・一度に体験できる人数を最大29人までとします。(中山・内山水槽 片面10人・茅小屋水槽 片面9人) 

・砂金採り体験を複数回体験希望される方は、チケットご購入は一度の受付で可能ですが、次の体験をされる毎に、チェックシートにご記入・ご提出いただきます。ご記入済みのチェックシートをお手元にご用意して、スタッフにお声がけください。

・受付順でご案内いたしますので、もし1回の最大人数を超えた場合は、次の回へのご案内となります。

 ・ご家族・グループごとに、一定の距離をとった体験場所、および、お客様同士が対面にならないよう、1回の体験ごとに各水槽の片面ずつのご案内とさせていただきます。

 ・定時制とし、午前10:00から1時間おき、1日最大6回の体験時間となります。

(10:00~、11:00~、13:00~、14:00~、15:00~、16:00(最終)~ 各回スタート)

・各回のスタート時間に間に合うように事前に受付をお済ませください。各回スタート時間5分前に体験室にお入りください。

・初心者の方も、経験者の方も同時スタートとなりますが、初心者の方には、従来どおりスタッフから採り方の説明をいたします。説明の間、経験者の方はお待ちいただきますがご承知ください。

・予定していた体験開始時間に間に合わなかった場合、そのまま合流して体験していただきます。次回に空きがあれば、ご本人が希望される場合に限って、次回体験が可能です。

・密を避けるため、体験開始時間までは、館外での待機をお願いいたします。(博物館脇テント下、リバーサイドパーク、自車内、足湯など、待ち時間に合わせた場所をご利用ください)

・体験室の大戸は常時開放し、1回の体験ごとに10分間の換気・消毒をおこないます。

・体験室内での滞在時間は45分程度を各自で心がけてください。(体験時間30分、準備・説明・アクセサリー加工など最大15分程度)

・体験室内の移動は一方通行とします。案内表示や床の黄色い矢印にしたがってください。

・体験室の入口は受付横のみとし、出口は売店横のみとなります。

・体験室ロッカーの使用は当面の間休止します。紛失・盗難等が発生した場合、一切の責任は負いません。貴重品の管理はお客様自身でお願いいたします。

・体験室内の見学は当面の間、休止いたします。体験される方のみの入室となります。(補助が必要なお子様へのお手伝いも1人までとさせていただきます。)

・砂金採り番付表登録に伴う、スタッフが砂金の数を数えること、砂を抜くことなどは当面の間、休止いたします。

← 前のページに戻る