印刷たーのしー!!砂金採り体験って? & 最新砂金採り番付表 

「砂金採り体験」と聞いても、一体どのようにして採るのか疑問に思う方も多いのではないかと思いますが、方法はいたってシンプル。金を採るための専用の器(パンニング皿)を使い「比重選鉱」により、砂の中に混じっている砂金を採取するのです。何か難しそうに思えるかもしれませんが、やっていることは実は「ゆすって、流す」 だけ。なのでシンプルなのです。

そこに「原理の理解度」と「テクニック」が重なると、金の採取粒数が変わってくるのですが…。

  初心者平均…5粒前後

  中級者平均…10粒前後

  上級者平均…15~20粒前後

  それ以上…すごーい!!

 パンニング皿とプラビン

ということで、

砂金採り体験に臨む前の準備

(1)、両腕が手首より上、肘より下あたりまで濡れます。防水でない腕時計など濡れて困るもの、前傾姿勢で濡れる可能性のあるネクタイ、ストールなども濡れないように対処してください。体験中の指輪紛失も多く見受けられますので、ご自身でお気をつけください。

(2)30分間の体験を集中して楽しむために、お手洗いは事前に済ませておきましょう。

(3)初めての方でも常連さんでも、スタッフより場所のご誘導他、ご案内いたします。特に初めての皆様方、皿、プラ小瓶、採り方など、すべてご案内・ご説明がございますので、どうぞ慌てずに…。お客様が採取スタートしてからの「30分」です。ご安心ください。

※注意事項※  鍵付きロッカー、ワゴンなど、手荷物置き場としてご用意しておりますので、ご自由にお使いいただいて結構です。ただし、貴重品・手荷物はご自身で管理願います。館内での紛失・盗難などにつきましては、一切の責任は負いかねます。


☆☆Let’s砂金採り☆☆

 湯之奥の砂金採り体験室

体験室には3基の水槽があります(1度に大人120人まで体験可能)。この水槽の中には水が張ってあり、砂金の含まれている砂が…。上から覗き込んでも金は見えません。重いので入っていても自重で沈んでしまいます。この砂をパンニング皿で掬い、金だけをゆすり採ります。

 鉱石にはそれぞれ比重があります。鉱石がどんなに小さな粒になっても比重は変わりません。砂に混ざっている金は、これらのどの鉱石の粒よりもはるかに重い金属なのです。もちろん金の比重も鉱石と同様、どんなに小さな金の粒になっても、たとえ粉になったとしても金は金。とっても重いから流れないのです。


 ということですから、掬った砂を水の中でよく揺すると、比重の重い金は沈み、金よりも軽い他の砂は上面に浮きがちになり流れていきます。この揺すって流すという2つの作業を何回か繰り返していくと、最後に金だけが残るのです。怖いでしょ?嘘だと思うでしょ?そんなに激しく流したら落ちる!と思うでしょ?落ちませんからやってみてください。

 この砂金採り体験室では、金は砂よりもはるかに重いのだということ、そして金を採る技術的な面を、レジャーとして楽しみつつ学んでもらうとともに、かつて実際にこのような作業を生業としていた金山衆の姿を少しでも感じてもらえたらと考えています。

☆☆体験時間は30分☆☆

 体験中はスタッフが指導いたしますのでご安心ください。初めて体験される方にも分かりやすいように説明し、お客様が疑問に思ったことや不明な点にお答えできるように心がけています。

 砂金採取の初心者平均5粒前後を目安として、皆さんも頑張ってみてください。 30分間の体験で採れた砂金は、プラケースのままお持ち帰りいただくのも結構ですが、自分で採った砂金をワンポイントにしたアクセサリーやしおりを作ることもできます。アクセサリー加工時間は各種1~3分程度ですから、売店を眺めている間に出来上がりますよ。来館の記念に、あるいはお土産にいかがでしょうか。

☆☆体験時間の延長可能?☆☆

 「もう一度やりたい!そんなこと言うの私だけ…?またチケット買ったら恥ずかしい…?」

ぜーんぜん、はずかしくありませんし、ぜーんぜん珍しいことではありませんから、もう一回やりたい!そう思ったら迷わず受付で再度チケットを購入してください。当館の砂金採りを既に経験してくださったうえで、最初から複数回チャレンジのつもりでおいでくださった場合は、受付でその旨お伝えいただければ、一度でご希望回数分チケット購入できます。

楽しいことはなんどでも…ね☆ね☆ 

 ただし、前傾姿勢による腰の痛みについては、ストレッチとか背伸びとかしながら各自で解消してください。それしか方法はありませんので。


☆☆採った金は、どうしたらいいの?☆☆

 どうぞ、プラ小瓶のままお持ち帰りいただけます。自分のお土産です。

 水は?体験室で瓶にいれるために入れた水です。保管のためには不要ですので、おうちに帰って水を抜いていただいて結構です。吸水性のあるものの上で、プラ小瓶を横に倒せば水だけ流れ出てきます。その他、細かいことは各自で考えていただくとして…。ちなみに長期間放っておくと自然に蒸発して水がなくなることもあります。

 もしくは、砂金を封入してワンポイントとするアクセサリー類をご用意しておりますので、ご希望の方は、お選びいただいたものに採取された金を入れてお渡しすることもできます。(加工時間1商品につき3分程度。価格帯…しおり200円、その他900円~)。

 瓶型タイプのキーホルダー、ストラップは、次回に来た時も追加で砂金を入れることのできる貯蓄用としてご購入くださる方もたくさんいらっしゃいます。溜まっていく金。それはそれは愛おしいものです。だから、貯蓄用は実用しないことをお勧めします。だって、せっかくためた砂金が、蓋が緩んで砂金ごとビンがなくなった!なんてことになってはいけませんから。

 

各種アクセサリー価格表

①しおり     200円   ②キーホルダー  900 ~ 1,000円  ③ペンダント  1,200 ~ 1,400円  ④タイタック  1,100円
⑤タイ止め   1,000 ~ 1,400円  ⑥ブレスレット 各1,500円  ⑦ストラップ 各1,000円 などなど
番外編:18Kペンダントトップ  27,000円
 


 

砂金採り番付表

2003年度~2017年度版番付表です。
※1 名前の裏にある数字はその階級にランキングした回数を表します。 前年度版は、番付表のページを御覧ください。

 

※2 HPリニューアルに伴い更新が滞っていた期間(2014年)を含め、2015年3月から番付表にご記入くださった方のお名前を「2017年度」に記載しております。

 

※3 2017年の開館20周年記念イベント「GET!プラチナ~砂金採り体験室でおおはしゃぎ♡~」中に番付申し込みいただいたお客様でプラチナを採られた方は、名前の後ろにP(プラチナ)、G(ゴールド)と表記しています。

例:砂金7つ、砂白金2つ採られたもーん父さんの場合・・・

  前頭13(9~10粒)のところにもーん父さん(G7、P2)と記載させていただきます。

 

2018年度 湯之奥金山博物館砂金採り番付表(6月19日更新)

 
番付 氏名
横綱(100粒以上)  
大関(60粒以上)  
関脇(50粒以上) 渡辺きよと、
小結(40粒以上)

青木真澄、松永大虎、髙橋智之、

前頭1(37~39粒) 青木真琴
前頭2(35~36粒)

 

前頭3(33~34粒) 渡辺きよと、井出陽介、
前頭4(30~32粒)

中山 学、渡辺きよと、大野理香

前頭5(27~29粒)

萩野光、粂川美恵

前頭6(24~26粒)

わたなべきよと、木村友浩、粂川美恵、粂川美恵(2)、青木哲裕、一幸心、大野貴之

前頭7(21~23粒)  
前頭8(19~20粒)

わたなべきよと、大倉壮、小山琥太郎、安西雅希、

前頭9(17~18粒)

粂川美恵、中山 学、吉田直泰、井出健太郎、

前頭10(15~16粒) わたなべきよと、わたなべきよと(2)
前頭11(13~14粒)

わたなべきよと、髙木和子

前頭12(11~12粒) 今泉裕隆、藤島智希、小山琥仁郎、神田道子、
前頭13(9~10粒) 中村颯太郎、中村聡、國松芙紀、川口璃央、
前頭14(7~8粒)

鳥田颯汰、鳥田琴羽、酒井慎司

前頭15(5~6粒)

國松真之助、中村涼太郎、中村厚子、河野航大、酒井桃香

付き人(4粒未満or粒数未記入) 國松美芙、鈴木きくの
← 前のページに戻る