印刷地域包括支援センター

地域包括支援センターとは

高齢者が、住みなれた地域で、その人らしい生活を送るためには、介護サービスをはじめ、福祉、医療、権利擁護などさまざまなサービスを提供していく必要があります。

そこで、高齢者の生活を支える総合機関として、平成18年度から地域包括支援センターが設置されました。

 地域包括支援センターは社会福祉士、保健師、主任ケアマネジャーが互いに連携をとりながら「チーム」として高齢のみなさんを支えます。

包括組織図

 

事業内容

【1】包括支援事業

①介護予防ケアマネジメント…介護保険の申請、介護予防                                                    ②総合相談…高齢者に関する相談、高齢者にまつわる様々な制度                                             ③権利擁護…成年後見制度の活用虐待早期発見・防止                                                         ④ケアマネジメント支援…地域のケアマネジャーの後方支援、様々な機関と連携

【2】指定介護予防支援

 介護保険における予防給付の対象となる要支援1・2の方が介護予防サービス等の適切な利用等を行うことができるよう、計画を作成し、その計画に基づくサービス等の提供が確保されるよう、連絡調整等を保健師、ケアマネジャーが行います。

 

活動のご紹介

地域包括支援センターでは様々な活動をしています。クリックすると詳細が見られます。

・介護予防をしたい!…百歳体操PDFファイル(1523KB)このリンクは別ウィンドウで開きます介護予防教室PDFファイル(190KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 ★百歳体操について★日本健康応援サイトにて身延町のグループが紹介されました→こちらこのリンクは別ウィンドウで開きますからご覧ください。

・高齢者の在宅生活の手助けをしてほしい!…高齢者福祉サービスこのリンクは別ウィンドウで開きます

・認知症について知りたい!…H31.7月号広報記事PDFファイル(265KB)このリンクは別ウィンドウで開きます ※随時更新予定

・介護保険の申請をしたい・介護保険について知りたい!…介護保険このリンクは別ウィンドウで開きます

・町内の介護サービス事業所を知りたい!…地域資源マップPDFファイル(310KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 
 

外出機会の減少により、ご自宅で過ごされる皆様へ

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、人混みへの外出を控えるよう呼びかけられ、地域での集まり等も休止し外出機会が減少しています。

外出を控えすぎると筋力、認知機能の低下が心配されます。

下記資料を参考に、体と心も守りましょう!

R2.4回覧文書PDFファイル(290KB)このリンクは別ウィンドウで開きます(運動不足になっていませんか?)

日本歯科衛生士会発行パンフレットPDFファイル(2178KB)このリンクは別ウィンドウで開きます(お家でできるお口の体操)

・いきいき百歳体操を実施している皆様はこちらPDFファイル(92KB)このリンクは別ウィンドウで開きますを参考に活動してください。

 

日頃から手洗い・うがい・換気など感染予防を心がけましょう。

お問い合わせ