印刷博物館日記(2019年)

nikkiusu

当館では、地域の行事に沿ったお飾りをエントランスに再現するなど、御来館いただいたお客様の目を少しでも楽しませることが出来れば、また、合わせて地域の行事や風習も知っていただけたらと願っています。
このページでは、そんな日々の博物館内での小さな出来事や、こんなことも予定しています、という小さなイベント、スタッフの”こころにうつりゆくよしなしごと”を書いています。

当館の出月洋文館長の「2代目館長日記」もありますよ♪どちらの日記も、”たまには覗いてみるか”という軽い気持ちでどうぞ御覧くださいね。

☆「もーん父さんの日常」はこちらから☆

最終更新日:1月24


1月24日(木)

 今日1月24日は、実は「ゴールドラッシュの日」。そういえば数年前に「鉄腕DASH」ロケが当館でありました。覚えている方おられますかね?「金鉱石から金を採り出す!」というスペシャルが放送された日もゴールドラッシュの日でした。そんな今日、もんちゃんフェイスブックやツイッターにてお知らせしていますが、本日、地元YBS放送「てててTV」番組内で、当館生中継が入ります。ゴールドラッシュの日なんで、砂金採り体験室!ということで、午後からは中継車が入っておりますが、ご来館くださる皆さんはお気になさらずおいでくださいね。そして、番組放送時間中に、体験される方は、偶然テレビに映ってしまうこともあるやもしれませんので、もしテレビは恥ずかしい~という方はその旨スタッフにお申し出くださいね。

 放送の様子は、地元の方はぜひテレビをご覧いただいて、そして、地元でない方は、また様子をこちらでもお知らせさせていただきます。おたのしみに。


 

1月20日(日)

 天気予報は崩れるとは言っていませんでしたが、今朝のこの辺りは風花→みぞれ→曇天、そんな天気を繰り返しています。気温も低めですので、おいでになられる際は暖かくしてお出かけください。昨日はいい天気でもーん父さんは南部の道の駅にお出かけしてきました。お客様にご挨拶しながらお写真撮ったり賑やかしてきましたよ。お天気は良かったのですが風が少々強かったので物販の皆さんは少し辛そうでしたけど。いずれにしても、近隣市町村の特産や名品が少しでも訪れた方に伝わればうれしい限りです。

 扉にもありますが、桜のパネルが終わったら遺跡パネル展を開催いたします。翌週にはフォーラムもありますし、寒いから外に出たくないよー、という方も多くなりがちなこの季節ではありますが、いろんなイベントがありますので、ぜひ博物館へお出かけください。

 そうそうもうひとつ。ただいま受付カウンターに不思議なブロックと鏡がおいてありますが、おいでの際はくるくると触って眺めてみてください。そして鏡に映るブロックも眺めてみてください。この文章では全く伝わらないかもしれませんが、実際に見ていただくとわかります。どんな形に見えるでしょうか?

 


1月18日(金)

 晴天が続くのはいいのですが、空気が乾燥すると風邪も流行しますし、インフルエンザも猛威をふるいます。体調管理には引き続き気を付けていきましょう。

 さて、扉にもUPしました第7回フォーラムの詳細と、そしてマジック教室のお知らせです。まだ日はありますが、ぜひご予定してご参加ください。そして先週の成人式の賑やかしが終わったもーん父さんですが、明日はお隣町の南部町は、道の駅にお出かけいたします。市川三郷レンジャーやみちまるくんも来るらしいですよ。お天気も良さそうですし、観光キャンペーンのお手伝いに行ってまいります。キャンペーンは10時から午後2時まで。特にどこで出演という決まりはありませんが、ふらーふらーっと歩いていますので、お写真撮りたい人はアテンドさんにそんな雰囲気をお伝えください。ただし、たたいたりするのはNGですよ。やさしく触れ合ってくださいね。

 博物館はいつもどおり開館しておりますので、砂金採り体験楽しんでいってください。


1月15日(火)

 扉にもかきましたが予定では本日で終了だった桜パネル展、先日新聞に出たばかりなので、「パネル展を見に来ました」というお客様も多いので、あと10日延長!ということで1月25日(金)までご覧いただけます。その間ジュウガツザクラはというと、この寒さで花が開いては凍り、また咲いては凍るを繰り返してはいますが、けなげに咲き続けています。この一番寒い季節を乗り越えればまたピンク色に色づくジュウガツザクラを見ることができるはず。館長ブログには、まるでわが子のように、その様子をつぶさに観察したリポートが掲載されていますので、合わせてごらんくださいね。
 そして、次のパネル展は、湯之奥金山総合学術調査から30周年を迎え、30年の振り返りを内容としたパネル展を1月27日(日)からの展示予定です。ということで…がんばります。

 さて、話題代わって 常連さんもたくさんきてくれた1月最初の3連休…。前の日記にも書きましたように、ちょっとそんな様子をご報告。12日に開催されたお隣静岡県の伊豆・土肥金山さんでのイベント。砂金採り大会の様子です。砂金採り体験ファンである方々が大勢参加されたこの大会。大いに盛り上がりました。

 土肥のスタッフの皆さんも、どうしたら皆が楽しんでもらえるか、そんな工夫をたくさん考えていらっしゃいましたので、同じ体験施設を有しているという意味では大いに刺激を受けるところもありました。逆にまったく趣は異なりますが、土肥のスタッフの皆様に当館の夏の砂金掘り大会の視察にもぜひ来ていただければとも思います。

 そして、翌日の日曜日。地元の総合文化会館で行われた成人式の様子。もーん父さん、今年も賑やかさせていただきました。

 今年の身延町の新成人は約120人。これからの未来を担う若者たちに大いに期待を寄せるところ。社会人となる人も学生さんもみんな頑張ってほしいものですね。この後、もーん父さんは町内にご挨拶かたがたお散歩して、出会った子供たちにご挨拶。その子たちが翌日、砂金採りに来てくれたりして、もーん父さんにとっても楽しい3連休となりました。

 ということで、あっという間に1月も中旬を過ぎました。2月2日は応援団主催の研究フォーラム、そして3月には久間先生による錯覚マジック教室も開催いたします。各種イベント、多くの皆様のご参加をお待ちしております。


1月13日(日)

 今日の成人式、もんちゃんのツイッター、フェイスブックごらんくださいましたか?心配されたお天気も良くなり、新成人の若者たちもとてもすてきで、なんとかにぎやかしのお役目も果たせたと思います。そのあとは町内の施設やお店にお邪魔して、成人式でおすそ分けしてもらった風船を、出会った子どもたちに渡しながら、成人の日とそしてもんちゃん自身をPR。博物館に戻って参りました。ということで、いろんな出来事があったこの連休。成人式の話もおでかけの話も、その他、土肥金山さんの大会など、ニュース盛りだくさんですので、詳細は、明日以降の日記にて。

 


1月11日(金)

 週末の3連休、少しお天気の心配もありますが、町内では13日の日曜日に成人式が行われます。晴れ着姿の若者たちのためにも、いいお天気であってほしいところです。そんな成人式のにぎやかしに、今年ももーん父さんはお呼ばれしています。今年は成人式用のニューアイテムでおめかししてお出かけ予定。そのあとは、お天気が良ければ町内にご挨拶回りしながらお散歩予定です。もしどこかで見かけたら優しくお声掛けくださいね。

 さて、全然別情報ですが、この3連休、伊豆の土肥金山さんでは、この時期、毎年「砂金採り大会」が行われます。体験室水槽で30分の体験で一番砂金を採った人が優勝という、シンプルな競争。しかし、毎年多くの方が訪れる大盛況の大会でもあるのです。当館応援団の皆さんや、常連さんも結構ご参加されていますよ。その大会は12日土曜。申し込み制ですので、飛び入り参加はできませんが見学可能。もしそんなタイミングに訪れた方は、そんな様子も楽しんでご覧になってください。

 そして暖かい伊豆方面ですから、日本で一番早く咲く桜、ということで土肥金山さん周辺では「河津桜」のライトアップが来週あたりから始まるんですよ。お花が咲くとウキウキしちゃいますよね。お出かけの際はぜひ、という土肥のスタッフさんからのコメントでした。

 桜と言えば当館も2日から桜パネルにて、周辺桜を紹介しておりますが、特に主役は、この季節に咲き続ける「ジュウガツザクラ」。只今もこの寒い中ではありますが、小さな蕾を懸命に咲かそうと頑張っています。4月まで咲き続ける桜です。河津のような華やかさではありませんが、当館館長イチオシのガンバリ桜、当館にお越しの際はこちらも愛でてください。

 そうそう、博物館だより最新号86号に、3月までのイベント掲載が詳細とともにございます。2月のフォーラムと、3月のマジック教室、参加者募集中です。ぜひ多くの方のご参加お待ちしております。

 


 

1月6日(日)

 終わってみれば長いようで短かったお正月休み。このお正月中、多くの皆様においでいただきありがとうございました。年始特典も好評で終了。ちょっぴりスタッフを悩ませた「お年玉」も、最終日の今日はそれなりに板についてきた感じがしました。

 さて月曜日から多くの大人の方がお仕事となるでしょう。子どもたちは、まだ冬休みのようですが、いずれにしても、そろそろお正月気分を少しずつ抜いていかないと、といったところ。この時期になると、地元では小正月行事として、沿道に「おやま飾り」が飾られます。博物館でもこうした地域行事をおいで下さる方々に知っていただこうと、エントランスに再現しています。ということで今年もお目見えしました。この「お山飾り」。応援団の皆さんやお馴染みさまもご協力くださって完成いたしました。5色の色紙や、やなぎの垂れ方など、それぞれの作り手、もしくは集落によって特徴があるのですが、博物館で作り続けてきているのはこの形。14本の柳に5色の色紙。そして富士山を象った頂点の竹の弓。土台は金山博物館ならではの特徴的なものを活用。「20日の風に当ててはいけない」というならわしから、19日まで飾っていますので、おいでの際はうんちくとともに、ぜひご覧になっていってくださいね。そして、周辺に立っている小山飾りと比較してみてください。結構おもしろいですよ。

 と同時に「団子花」も出来上がりました。星や野菜、果物などいろいろついています。団子花は、入り口、お山飾り脇、売店にかざっていますので、どこに何がついているのか、スタッフ渾身の力作もついています。いったいそれが何なのか、ぜひ探してみてください。団子花は15日のどんど焼きの日まで飾っていますので、「力作とはこれだ!」と思った方は、スタッフに答えをお伝えください。正解された方には、おうちで飲める一杯分の純金梅茶をプレゼント!チャレンジしてみてね。

 さて、そんな小正月行事の時期、もう一つ博物館で行われているのが、展示資料の燻蒸処理作業。正確にいうと、燻蒸のために博物館から別施設に持ち込むのですが、その作業が毎年今頃。木製品や古文書類を虫やカビから守り、皆様に永いことよい状態で資料をご覧いただくための重要で必要な作業でして、そのような理由で本日より13日まで、フネ、セリ板、棟札という木製品が展示室よりお出かけしていますが、どうぞご理解いただきたく存じます。


1月3日(木)

  あっという間のお正月休みでしたが、新年の幕開けは穏やかで晴天が続きましたね。博物館にも新年早々、お馴染み様からお初のお客様まで、たくさんのお客様がおいでくださいまして、本当にありがとうございました。初の試みのお正月企画もご好評をいただきましたが、扉ページの来館特典(1)、(2)は終了。そして福缶2019も完売となりました。その他は、体験室企画1,2,3のお年玉、金銀タマゴくじ、貴石増量は、6日の日曜日まで引き続き開催しております。お正月気分を、もう少し満喫していただき、お楽しみください。

 そんな今年初の「お年玉」ですが、これは、きれいな玉の貴石を、体験をされる全員の方がもらえるように考えた企画でした。一つずつ確実に「きれいな貴石玉」が採れるよう、皿の置いてある位置の水槽内に投入しましたが、意外とお客様が気が付かず、全員にあげたいという企画の意図とは裏腹な感じだったので、今日から皿の中に一粒ころんとおいておくことにしました。ただ、お客様からは「これ、なんですか?」、「博物館からのお年玉です」、「…なるほど」、という微妙な反応をいただいております。さらに、砂金を入れるプラビンに最初から入れておくとなんとなく邪魔で、スタッフにとってもなんだか微妙な存在になっています。とりあえず、次に「お年玉」を登場させるときは、妙案を考えたいと思っています。が、しかし!今年は、日曜日まで、新春企画としてころんと入れております。砂金採り体験される方、博物館からのお土産の一つとして受け取ってください。

 さて、もーん父さんも新春ご挨拶に、館内はもちろん、町内各所にお出かけしておりますが、皆あたたかくお声掛けくださいます。もーん父さん宛ての年賀状も今年は特別にたくさん届いております。結構遠方からのお葉書が多く驚きですが、地道な活動により知名度が少し上がったのかな、と思います。年賀状くださった皆様方、ありがとうございました。お返事はのんびりなもんちゃんが、出来るだけ早く、少しずつお返ししていきますので、気長にお待ちくださいね。

 


1月2日(水)

 あけましておめでとうございます。当館は本日2日(水)より、水曜日に当たる今日は臨時開館ということで開館いたしております。下部温泉においでの皆様、これから遊びに来るみなさま、お正月の特別特典もご用意しておりますので、ぜひ遊びにいらしてください。

 皆様のますますのお引き立てを賜りたく存じますとともに、スタッフ一同、気を引き締めて精進してまいりますので、本年も変わらずどうぞよろしくお願い申し上げます。新年に合わせた内容としております『館だより86号』UPいたしました。こちらも合わせてご覧くださいね。


← 前のページに戻る